有機農業とは?


有機農業とは、環境に配慮した「環境保全型農業」の中でも、化学肥料や化学合成農薬を使わず、環境への負荷をできる限り減らした農業です。

山形県の農業は、最上川をはじめ豊かな自然環境の恵みを受け発展してきました。

近年、地球温暖化の更なる進行や、将来的に持続可能な農地づくりの問題などから、環境に対する負荷の軽減が求められ、これまで以上に環境にやさしく自然と共生する農業の取り組みのひとつとして有機農業が注目されています。

いろいろな種類の有機農産物・エコ農産物

お店などで有機JAS認定や特別栽培のシールを見かけたことはありませんか?。

環境保全型農業で生産された農産物(エコ農産物)に関する制度やマークを紹介します。


有機農産物

化学合成農薬・化学肥料 不使用

有機JAS規格に基づき、堆肥等で土づくりを行い、化学肥料及び化学合成農薬を一切使用しないで生産された農産物のことをいいます。


【有機JAS認定制度

有機農産物を生産する「生産行程管理者」を、農林水産省が認定した「登録認定機関」が認定する制度で、認定された事業者のみが「有機JASマーク」を付すことができます。有機JASマークがない農産物・農産物加工品に、「有機」や「オーガニック」という表示を行うことはできません。 


特別栽培農産物

化学合成農薬・化学肥料 50%減

「特別栽培農作物に係る表示ガイドライン(農林水産省)」(以下、「ガイドライン」という。)に基づき、化学合成農薬の使用回数及び化学肥料の窒素成分量が地域の慣行レベルの50%以下で生産された農産物。

例えば、山形を代表するお米「つや姫」は、栽培基準を原則有機栽培及び特別栽培に限定し、ブランド力を高めています。


【特別栽培農産物認証制度】

ガイドラインに基づき農産物を生産している生産者や組織を第三者が確認して認証する制度。山形県では「公益財団法人やまがた農業支援センター」と「鶴岡市」が認証機関となっています。

上のマークは「公益財団法人やまがた農業支援センター」の認証マーク、下のマークは「鶴岡市」の認証マークで、それぞれの認証機関において審査し、適正と認められた場合に付すことができます。


エコファーマー

化学合成農薬・化学肥料 30〜20%減

【エコファーマー認定制度

「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(平成11年10月施行)」に基づき、たい肥等による土づくりと化学肥料や化学合成農薬の使用を概ね2~3割低減することを一体的に行う農業生産方式の導入計画を作成した農業者を知事が認定する制度で、認定を受けた農業者を「エコファーマー」と言います。

「やまがたエコファーマーマーク」は、本県で認定を受けたエコファーマーが持続性の高い農業生産方式により生産した品目の包装資材等に表示することができるものです。



環境保全型農業で作られる農産物の概念図

資料供与:山形県